衣装/ヘアメイク

【ビキニフィットネス向け】競技用ビキニの着方のコツ&ずり落ち対策方法

スポンサーリンク

Yurika
こんにちは!ビキニフィットネス競技者Yurikaです。
この記事で解決できる疑問

・競技用ビキニを着たけど、胸が盛れない…

・なんだか脚が短く見える…

・ポージングをするとビキニが落ちてくる!食い込む!

こんなお悩みを解決できる記事を書きました!

いよいよ競技用ビキニも手元に届いた!着てみたけどなんか違うぞ…?ポージングをしていると食い込むぞ…?そんなお悩みはありませんか?

今回は胸が盛れる&脚が長く見える競技用ビキニの着方のコツ「ずり落ち・食い込み」を解決する方法をご紹介します。

コンテストを見ていると、せっかく素敵なボディなのに、着方で損をしている人をちらほら見かけます…。

ビキニフィットネスはトータルパッケージで評価される競技なので、ビキニの着こなしも大切です。

時間をかけて作った素敵な体をしっかり見せるためにも、きちんとした着方をしましょう!

この記事はロシアンビキニを着用するカテゴリ向けの内容です。FWJなどコネクタビキニを着用するカテゴリではビキニの着方は異なります

 

 

スタイルが悪く見えてしまうビキニの着方

アンダーバストの位置とボトムのサイドの位置に注意!

私がビキニフィットネスのコンテストを観戦していて、せっかくいい体なのにビキニの着方で損をしているなあと思うのは、以下の2点です。

  1. アンダーバストの位置が低い
  2. ボトムのサイドの位置が低い

私が思うビキニフィットネスの理想的な体型は、上半身が短く脚が長い、バービー人形のようなスタイルです。

アンダーバストの位置が低いとデコルテが間延びして、上半身が長い体型になり、スタイルが悪く見えてしまいます。

胸も盛りづらいです。アンダーバストの位置はしっかり合わせましょう。

また、ボトムのサイドの位置=脚が始まる位置になるので、その位置が低いと当然その分脚も短く見えてしまいます。

ロシアンビキニの場合、ボトムのサイドはおへその高さで履きます。

スタイルよくビキニを着るコツ

・アンダーバストの位置を合わせる

・ボトムのサイドの位置はウエストの高さにする

胸を盛るビキニの着方

ブラの着用方法にコツあり!

胸が盛れるビキニの着方は「アンダーバストを結んだ状態で胸を引き上げ、そのまま上部の紐を結ぶこと」です。

LeanersBikiniさんのサイトで細かく解説されているので、ぜひ参考にしてくださいね。

→LeanersBikini/コンテストTIPS「コンテスト衣装②ロシアンビキニ着用のポイントは?

上側の紐は誰かに結んでもらうのがベストですが、自分一人で着るときは難しいですよね。

その場合、私はこんな感じで着るようにしています!


  1. 上の紐を適当な長さで結ぶ
  2. アンダーバストをきっちり合わせて下の紐を結ぶ
  3. 左手でカップを支えて引き上げ、右手で上の紐をほどく
  4. バストを支えたまま、右手でそのまま上の紐を引っ張る
  5. バストが落ちないように、上の紐をキツめに結ぶ(やや首に食い込むくらい)

アンダーの位置は上げすぎてもバランスが良くないので、引きで見たときにしっくりくる位置を見つけてくださいね。

カップの下側が浮いて下乳が見えている人もたまにいますが、美しくないので止めましょう…。

脚が長く見えるビキニの着方

ボトムのサイドがおへその高さになるように履く

脚が長く見えるボトムの履き方のコツは、「ボトムのサイドがおへその高さになるように履く」です。

もし今ビキニがお手元にあれば、ボトムのサイドの位置でどのくらい脚の長さの見え方が変わるか試してみてください。

(1)ウエストの高さ
(2)腰骨の上

▼この位置で履くのが正解です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

BikiniFitness.sk(@bikinifitness.sk)がシェアした投稿

ずり落ち・食い込みの解決策

テープで止めましょう!

ビキニを正しく着用しても、ポージングをしているうちに、

「カップが浮く」「ボトムのサイドが落ちてくる」「ボトムのお尻側が食い込む」という問題が発生します。

そんなときは、テープで止めてしまいましょう

医療用の両面テープで肌とビキニをくっつけます。

「医療用 両面テープ」「フラッシュテープ」という商品名で販売されています。

 きちんとくっつくかどうか、肌がかぶれないかなど必ず事前にテストしてくださいね!

まとめ

  • ビキニフィットネスはトータルパッケージで評価される競技なので、ビキニの着こなしも大切
  • 「アンダーバストの位置が低い」「ボトムのサイドの位置が低い」とスタイルが悪く見えてしまうので注意
  • 胸を盛るビキニの着方は、「アンダーバストを結んだ状態で胸を引き上げ、そのまま上部の紐を結ぶこと」
  • 脚を長く見せるビキニの着方は「ボトムのサイドがおへその高さになるように履く」
  • カップの浮き・ボトムのずり落ち・食い込みの対策は、「医療用両面テープで肌とビキニを貼り付ける
Yurika
ビキニの着こなしで損しないように、着方には気を付けましょう!

▼関連記事

胸が減らない減量法ってある?減量とバストサイズの現実/ビキニ着用時に胸を盛るコツ!

Yurikaこんにちは!ビキニフィットネス競技者Yurikaです。 この記事で解決できる疑問 ・減量して胸が減ることが不安…減らさない方法はある? ・減量中のブラはどうしている? ・大会の時、胸を盛る ...

続きを見る

スポンサーリンク

-衣装/ヘアメイク

© 2021 ビキニフィットネスやろうよ! Powered by AFFINGER5