衣装/ヘアメイク

髪はロングじゃなきゃだめ?ビキニフィットネスのヘアスタイルのポイント3つ+伸ばせない人向けの工夫2つ

2020年12月7日

スポンサーリンク

Yurika
こんにちは!ビキニフィットネス競技者Yurikaです。
この記事で解決できる疑問

・ビキニフィットネスに出るなら、髪は長い方がいい?

・どんな髪型にしたらいいの?

・髪を伸ばせない場合はどうしたらいい?

こんなお悩みを解決できる記事を書きました!

ビキニフィットネスのコンテストを見ていると、ロングヘアーの選手が多いですよね。

普段はショートヘアの方は大会に出るために髪を伸ばすべきか、悩むと思います。

ボディの評価も大切ですが、ヘアメイクも含めてトータルで美しくエレガントであるべきなのがビキニフィットネスです!

私の見解をまとめたので、参考にしてください。

 

ビキニフィットネスに出るなら、髪は長い方がいい?

規定は無いが、美しさの表現の一つとしてロングを選ぶ選手が多い

ルール上、髪の長さに規定はありません

IFBB Elito Proのサイトに記載されているルールを見ても、ヘアスタイルについてはこの1文しか書かれていません。

6.1 The hair may be styled.

引用元:IFBB Elito Pro公式サイト"Rules"より"Bikinifitness 2017"

ビキニフィットネスは「トータルパッケージ」で審査される競技です。

筋肉の発達や適度な絞りだけではなく、肌のハリツヤ、ヘアメイク、衣装のセンスや着こなし、ステージ上での振る舞いすべてを「トータルパッケージ」としてみます。

かつ、そのトータルパッケージはエレガントでフェミニンであることが求められます。

つまり、トータルパッケージが美しく、エレガントでフェミニンであれば髪の長さは関係ないのです。

ただ、つやつやのロングヘアーや、バックポーズ時に髪を前に寄せる仕草は美しさ・エレガントさ・フェミニンさの表現の方法の1つでもあります。

そのため、ロングヘアーの選手が多いと私はとらえています。

トータルで美しいのであればショートでも問題ない

繰り返しになりますが、トータルで美しいのであれば、ショートヘアでも問題はないと私は考えています。

ただ、ボーイッシュやスポーティーなイメージにならないようなヘアスタイルにする必要はあります。

逆に、ロングでもボサボサ・パサパサの髪だったり、エレガント・フェミニンではないヘアスタイルは避けるべきだと私は思います。

どんな髪型にしたらいいの?

基本的に「トータルパッケージで美しく、エレガントでフェミニンである」が満たされていれば良いと思うのですが、私が気を付けているポイントをお伝えします!

ポイント1:バックポーズで髪が邪魔にならない長さに

ビキニフィットネスではバックポーズの時に、背面をすべて見えるようにしないといけません。

そのため、髪が長い選手は体の前に髪を寄せます。

このときに、髪が中途半端な長さだとうまく引っかからずに、髪が背中に残ったり、ポージング中に背中に髪が落ちたりしてしまいます

これは非常に見栄えが悪いので、避けた方が良いと思います。

中途半端な長さの場合は切るか、伸ばす(もしくはエクステやウイッグを使う)などして、しっかり髪を寄せらせるようにしましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

IFBB ELITE PRO(@ifbbelitepro_official)がシェアした投稿

ポイント2:前髪は顔にかからないようにする

ステージ上は照明が強く、前髪が顔にかかっていると影ができ、表情が暗く見えてしまいます。

かき上げ前髪にしておろすか、ぴっちり分けてサイドに流しましょう!

去年(2019年)はビキニフィットネス・フィットモデルともにかなり角度をつけ立ち上げて流した前髪が多い印象でした。

今年はビキニフィットネスに関してはよりナチュラルな印象の前髪になっていそうです。

フィットモデルでは引き続き去年のスタイルが続いているように感じます。

↓去年多かった印象がある前髪(角度つけて立ち上げ)

↓今年多い印象がある前髪(自然にかきあげで下す前髪、もしくは立ち上げずにぴっちり分け)

ポイント3:巻く/巻かない、髪色はプレゼンテーションによる

巻く/巻かない、髪色に関しては、正解はなくご自身がどんなプレゼンテーションをしたいのかによって選んだ方が良いと思います。

去年はツヤツヤストレートのロングが流行っていたように思いましたが、今年を見ていると巻いている選手もいます。

髪色も、去年はかなりハイトーンの金髪or黒髪が多い印象で、国内の大会では黒髪にハイトーンのポイントカラーを入れている選手もいました。

繰り返しになりますが、「トータルパッケージで美しく、エレガントでフェミニンである」が満たされていれば、あとはどんなプレゼンテーションをしたいか?によって自由に変えて問題ないと思います。

黒髪ロングなら"クールビューティー"や"たおやかで儚い"イメージが作りやすいと思いますし、金髪なら"ゴージャス""リッチ"な印象を与えることが出来ると思います。

どんな髪型が自分の美しさ/プレゼンテーションにもっとも相応しいのかで選びましょう!

ただ、どんな髪型/髪色でも、"髪のツヤ"は必須です!!

しっかりお手入れをしましょう。縮毛矯正をかけるという手もあります。

髪を伸ばせない場合はどうしたらいい?

実際問題、ロングヘアーの選手はかなり多いです。

ロングはかなり面倒くさいのも事実です。私もウエストまであるスーパーロングですが、髪を乾かすのに時間がかかったり、絡まったりするなど手間も多いです。

ビキニフィットネスをやっていなかったらもっと短くします。笑

様々なご事情で髪を伸ばすことが難しい場合もあると思うので、実際に普段は髪が短い選手から聞いた方法を紹介します!

方法1:ウィッグを使う

地毛にハーフウィッグを足して長さを出す方法があります!

大会でお世話になった選手にがきれいな黒髪ロングだったので話を聞いたら、実は本当は黒髪ショートで、ハーフウィッグ(えりあしウィッグ)で長さを出していると教えてもらったことがあります。

フルウィッグだと照明があたったときのツヤ感で違和感を感じますが、えりあしウィッグなら比較的ばれにくいと感じました。

ウィッグもピンキリなので、装着して地毛と馴染むものを選んだ方が良いと思います。

強い照明を当てても違和感がないかもチェックした方が良いと思います。

また、バックポーズで髪を寄せる仕草をしてもズレないように装着するのも大事ですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAVANA-IKEBUKURO(@navanawig_ikebukuro)がシェアした投稿

方法2:エクステをつける

大会時だけエクステをつけている選手も結構いると思います!

それなりに費用はかかりますが、ズレる心配がないので安心です。

巻くアレンジもしやすいし、ボリューム感や色を美容師さんと相談しながら出来るのは良いと思います。

こちらも地毛になじむようにつけるのが大事ですね!

まとめ

  • 髪の長さの規定は無いが、美しさの表現の一つとしてロングを選ぶ選手が多い
  • ボディや振る舞いも含めて、トータルで「美しく、エレガントでフェミニン」であればショートでも問題はない
  • ビキニフィットネスのヘアスタイルのコツは、「バックポーズで邪魔にならない長さ」「前髪は顔にかからないように」「巻く/巻かないや髪色は自分のプレゼンテーションに合わせる」
  • 髪を伸ばせない人は、ウィッグの使用やエクステの装着を検討!
Yurika
「美しさ」において髪はかなり印象に残るパーツです。ステージで自分が一番美しく自分らしく振舞える髪型で臨みましょう!そしてツヤは必須!!!

▼関連記事

自分のくせ毛が大嫌いだった私が、くせ毛を好きになれた理由2つ/ヘアケア方法を紹介!

Yurikaこんにちは!ビキニフィットネス競技者Yurikaです。 この記事で解決できる疑問 ・自分のくせ毛が嫌 ・くせ毛を生かしてどうにかする方法はないの? こんなお悩みの解決に役立つ記事を書きまし ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-衣装/ヘアメイク

© 2022 ビキニフィットネスやろうよ! Powered by AFFINGER5